飛騨牛の肉質などをご紹介

MENU

飛騨牛

飛騨牛は岐阜県の飛騨地方を中心に生産されている黒毛和種の和牛です。

 

飛騨牛は、飛騨市を中心に高山市や下呂市などの周辺地域で肥育された牛を指します。
県内で14ヶ月以上肥育した上に、日本食肉格付協会の枝肉格付で歩留等級がAかB。
さらに肉質等級が3以上の、すべてを満たした場合に名称を名乗ることができます。

 

当地は本州中央の内陸部。
周囲には標高1000m以上の山々が多く連なる自然豊かな立地で、山からの湧水が豊富。
牛の肥育には湧水を直接飲ませることが非常に多く、きれいな水質と豊富なミネラルが肉に風味を持たせています。

 

年間生産頭数はおよそ10000頭ほど。
全国的な人気の高さと比較すると頭数は少ないです。
かつて牛肉トレーサビリティ法が施行される以前は、ブランド性の高さゆえに偽装事件が生じたこともありました。

 

肉質の特徴

まず見た目の色合いが鮮やかな点です。
脂肪の入りが過度にはならず、適度な入り。
脂っぽくなく、非常に柔らかくて芳醇な食味が大きな特徴です。
脂肪の入りが適度であるがゆえに幅広い料理法に適しています。
ステーキやしゃぶしゃぶを始め様々な料理で楽しめますよ。

 

歴史

飛騨牛が登場したのは昭和40年代から。
農業における機械化が進んだことを受けて、牛の食肉に力を注ぐようになりました。
当地では集団的に改良とたゆまぬ努力を重ね、岡山など他の地域から優秀な和牛を導入する中で今日の高品質の和牛を生み出しました。