伊万里牛の特徴

MENU

伊万里牛

伊万里牛は佐賀県は伊万里市において生産される黒毛和種のブランド牛肉です。

 

伊万里牛は面積がさほど広くない範囲で生産されている和牛で、日本食肉格付協会の肉質2等級以上で歩留の度合いがA〜Cに、またBMSはNo12〜No2に該当する牛がブランド名を名乗る事ができます。
当地は佐賀県西部の伊万里湾に面した地域で、緑豊かな自然環境の中で特に優れた飼育技術を有する肥育農家により丁寧に育てられています。
年間生産頭数はおよそ5500頭ほどになり、特に全国の大都市向けに出荷数が多く、いずれも高級ブランド牛として高い人気を誇っています。
この佐賀県では同一地域で佐賀牛や佐賀産和牛なども育てられているのですが、JA伊万里の管轄域で育てられた場合に限りブランド牛として伊万里牛と名づけられていますので、基本的には同一の牛です。

 

肉質の特徴としてはきめ細やかな繊維で柔らかく上品な味わいで、肉色はとても鮮やかで脂は甘みと風味を大いに感じ口の中にジューシーな肉汁がほとばしります。
特に独特の芳醇な味覚や深い甘味は人の感覚に直撃するほど素晴らしいもので、松阪牛や神戸牛を超えたとも言われる品質の高さが大きな特徴です。

 

伊万里牛は佐賀牛のルーツと同様で、兵庫県の但馬牛にあります。
但馬牛はあの名高い神戸ビーフとも同一の牛であり、元より由緒正しい血統の但馬牛を当地で飼育する中でより価値を高め、全国的にも広く知られた当地ならではのブランド和牛に育てる事に成功し、数々の品評会において多くの賞を受賞するまでになりました。