宮崎牛の特徴について

MENU

宮崎牛

宮崎牛は宮崎県内で飼育される黒毛和種の地域ブランド牛です。

 

宮崎牛はミヤザキギューやミヤザキウシなどと呼ばれており、宮崎県の県内全域で生産肥育した牛のうち日本食肉格付協会の格付基準の肉質等級4等級・5等級以上のみが名前を冠する事ができる和牛です。
当地は九州南東部に位置しており、全国的に日照時間や降水量ともに上位に入る温暖な土地柄で、農業と共に牧畜業が非常に盛んで牛・豚・鶏など全てにおいて国内でも有数の生産高を誇ります。
特に牛に関しては肉用牛の子牛を全国に出荷してそれぞれの地域でブランド和牛として販売される素牛の生産が盛んで、子牛の年間生産頭数はおよそ73000頭ほどにものぼります。
またその一方で宮崎牛として出荷される数はおよそ13000頭ほどになり、こちらもまた非常に大きな頭数が出荷されています。

 

肉質の特徴としては芳醇な肉汁に溢れており、その一方で脂をあまり感じずサッパリとしてしつこくなく、肉の豊かな風味を口全体で味わう事ができます。
また味わいだけでなく色合いも非常に美しく、加えて肉質は柔らかい事から幅広い年代の方にも好まれています。

 

宮崎牛はかねてより素牛として全国に出荷しており、以前は生産した子牛の全量を販売していたのですが、昭和47年より県内で肥育し食肉処理まで行う一貫生産もあわせて行なうようになりました。
その後、品質向上を目指し様々な努力がなされる中で昭和61年にブランド牛としての定義付けがなされ、品評会で優秀な成績を収めるなどして全国区で知られるようになりました。