忘年会のゲームで盛り上がる景品を用意するなら

MENU

忘年会で盛り上がる景品を用意するなら

忘年会は、きるだけ盛り上がることが大事ですよね。特に会社の忘年会は、「今年もお疲れ様でした」という意味を込めて、一年を締めくくる大事なイベントです。ビンゴゲームなどの景品が出るゲームなどで、会を盛り上げようとする会社や団体は多いと思います。

 

そういったゲームは、忘年会ということで、盛り上がる景品を用意するのが幹事さんの役目です。そこで、ここでは忘年会で盛り上がる景品をいくつか紹介します。参考にしてみてくださいね。

 

松坂牛

やはり「もらって嬉しいもの」を用意すると盛り上がります。「当たるわけない」とは口で言いながら、実はみなさん豪華な景品が当たることを期待しているものです。例えば、松坂牛のギフト券。お肉が嫌いな方は少ないと思いますし、松坂牛がタダでもらえるとなったら、そりゃあ嬉しいですよね。

 

松坂牛といえば、高級和牛。高額だし、そうそう食べられるものではありません。だから、景品が当たったら、歓喜と失望が入り混じった大歓声は必至。会場が盛り上がることは間違いないでしょう。「松阪牛」ってブランドのインパクトは抜群。文句なしにおすすめの人気景品ですね。

 

100万円のメモ帳

もらっても嬉しくないけど、おもしろい景品といえば、「100万円のメモ帳」です。これは一見、パッと見は、本当に100万円の札束に見えます。それを銀行で下したときに入れる封筒に入れて、チラ見えで渡します。当たった人はもちろん、周りの人も大爆笑に包まれることでしょう。出だしの掴みネタにはピッタリの景品です。このメモ帳をネタにしてその後の流れを盛り上げる司会者も多いようですよ。

忘年会で豪華な景品を用意する

忘年会でゲームをするとなったら、みんな景品を当てたいと思うでしょう。でも、ゲームの景品が1000円以下の安いものばっかりだったら?みんな「期待ハズレ」と落胆してしまい、やる気もなくなるかも。幹事の方は大変だと思いますが、景品は多少豪華なものを用意する必要があります。

 

ただし、すべてを豪華にする必要はありません。「目玉賞品」として豪華な景品をいくつか用意すると、当たった時に盛り上がりますよ。こちらでは、豪華な景品をいくつか紹介します。参考にしてみてくださいね。

 

家電

男性にも女性にも喜ばれるアイテムです。色々ありますが、最近人気なのは「ルンバ」。特に一人暮らしの方におすすめの家電です。ルンバを使ったら掃除がとても、楽チンになることでしょう。仕事に行っている間にスイッチをオンしておけば、勝手に掃除してくれます。面倒くさがりが多い防年会には、おすすめの景品です。特賞にしても良いくらいの価値がありますね。

 

女性に嬉しいのが低速ジューサーです。美容、健康に興味のない女性は少ないと思いますが、この低速ジューサーを使えば、野菜の栄養がそのまま摂れるのです。コンパクトでわかりやすいデザイン。すぐに使いたい場所に置いておけるので、毎日続けられます。

 

朝忙しい方は、材料を放り込むだけで簡単に朝ご飯ができてしまい、楽に栄養補充ができますよね。ビタミン、カルシウム、ミネラルの補給に。女性の多い職場におすすめの景品です。

東京ディズニーリゾートのペアチケット

一年を締めくくるのに忘年会は必要不可欠ですよね。

 

忘年会といえば何をイメージするでしょうか?きっと多くの方がゲームや余興をイメージすることと思います。そこで、こちらでは忘年会の景品に、ディズニーシーやランドのペアチケットをおすすめします。景品選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

誰もがもらって嬉しいディズニーリゾートのチケット。忘年会の景品としては最高でよ。

 

ディズニーランドに行きたいと思っても、「自分でお金を出してまではいけない」という方も多いでしょう。特に、関東に住んでいない方からすれば、ディズニーリゾートは少し敷居が高い感じです。でも、景品でディズニーのチケットが当たったら、すごく嬉しいし、行きたいですよね。もちろん、交通費などは自分で負担しなくてはいけませんが、当日のパークの入場料が無料というだけでも、テンションが上がります。

 

ディズニーリゾートのペアチケットは、インターネットでも申し込むことが可能です。「A3景品パネル」と目録であるチケット引き換え用お申込みハガキがセットになって大体17800円ほど。上位の景品として用意するだけで、ゲーム景品のグレードが跳ね上がり、盛り上がります。

 

東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシー、どちらかのパークを1日に限り使えるものなので、当たった人が好きな方を選べるのも良いですね。上位の景品の定番ですが、もらって嬉しくない人はきっといないので、おすすめの景品です。

折りたたみ自転車

忘年会の景品って用意するのが大変。そして何よりも、何を用意して良いか悩みますよね。会社の忘年会ともなれば、ビンゴなどのゲームで景品がいるのはほぼ確実。景品選びはセンスが問われますから、プレッシャーも感じるでしょう。

 

もちろん、みんなゲームとして楽しんでいます。豪華賞品が当たるなんて、真剣には思ってはいないかもしれませんが、それでも「もらって嬉しいもの」を期待している方は多いでしょう。そこで、今回は忘年会の景品に折りたたみ自転車をおすすめします。自転車通勤しているヘルシー志向な方も最近では多いですから。

 

自転車なんて持っている方もいるでしょうが、自転車は消耗品。使っているうちに。どこかしらが痛んできます。例えば、「タイヤがパンクを繰り返すようになった」「チェーンが錆びて動かなくなった」など。

 

ガタのきた自転車に乗りつづけるのは不可能なので、意外と折りたたみ自転車は重宝されます。何と言っても、折りたためますから、手軽に持ち運びが可能。場所も取らず、収納が楽です。

 

折りたたみ自転車の場合、20インチほどの大きさのものが多く、老若男女問わずに愛用できるデザインのものがほとんど。カラーは黒や赤など、誰からも好まれる色使いになっています。「ダサい」デザインのものは、あまり見られません。値段的には15000円ほど。ネットで注文することができます。景品としてもちょうど良い金額ですよね。