国産ブランド和牛・仙台牛について

MENU

仙台牛

仙台牛は宮城県内で肥育される黒毛和種のブランド和牛です。

 

仙台牛はブランド和牛の中でも超高級とも言われており、他のブランド和牛とは大きく異なり格付けが低い枝肉などでも呼称が許されておらず、非常に厳しい定義付けがなされています。
日本食肉格付協会の定める所の枝肉取引規格がA5やB5に評価されたものに限られ、全国で唯一肉質等級として最高ランクの5に格付けされなければ名乗れませんので、まさに超高級牛肉と言った呼び名にふさわしい品質の高さが特徴です。
当地は東北は太平洋側に位置しており、全国でも有数の米どころとして知られています。
これは豊富な水資源と豊かな自然環境によるもので、ササニシキやひとめぼれなどのブランド米の良質なわらを飼料として育ち、全国でも有数の品質の高い和牛に成長するのです。
年間生産頭数は宮城県内でおよそ20000頭ほどを生産しているのですが、その中でも仙台牛と名が付くのはわずか3割ほどに留まり、流通量はそれほど多くありません。

 

肉質の特徴として挙げられるのはまろやかな風味を感じると共に溢れるような豊かな肉汁で、脂と赤身の絶妙なバランスでとても柔らかく口当たりが良く、旨さの極みを感じることができます。

 

仙台牛が登場したのは昭和に入ってからで、昭和初期に肉質向上を図る中で兵庫から種牛を導入するなど様々な工夫を凝らすようになりました。
肥育方法についても試行錯誤を重ねて、独自の生産肥育体系に基き個体それぞれにあった適正な管理が行われるようになり、現在の高い品質を実現しました。